リップル(XRP)のFX(レバレッジ)ができる取引所比較|おすすめのBitmexがヤバイ!

リップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)って魅力がありますよね。アルトコインの中でも人気の通貨ですし、動くときには一気に突き抜けます。

BTCが動いていない時でも、こっそり値幅が大きく動いている時もあります。

ソムリエ

そういう時にレバレッジを効かせられるとチャンスは広がるよね。

ここではリップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる取引所の一覧を紹介し、手数料や流動性などからおすすめを紹介します。

ちまたでも人気のBitMEXがやっぱり熱いですよ!

リップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる取引所の一覧と手数料比較

リップル(XRP)のFXができる取引所は結構少なくて、現状把握できている限りでは3社しかありません。(2018年3月1日)

QUOINEXはあまり聞いたことが無いかもしれませんが、日本の金融庁に仮想通貨交換業者として1番はじめに登録された取引所です。本社はシンガポールにあり、グローバル展開しています。

Bitmexは最近力をつけていて非常に使いやすい海外の取引所です。コールドウォレットやマルチシグにも対応しており、セキュリティもしっかりしています。

出金のタイミングが1日1回しかないのですが、創業者3人のうち2人以上が承認しないと出金できない仕組みになっているためで、徹底したセキュリティ対策が魅力です。

 

ソムリエ

それではこれらの取引所の手数料やスプレッドを比較していくね。

手数料とスプレッド比較

【XRPのFX】 取引手数料 ポジション料 スプレッド
DMMビットコイン 無料 0.04%/日 大きい
QUOINEX 0.25% 0.05%/日 ほぼ無し
(板のまま)
BitMEX メイカー:-0.05%
テイカー:0.25%
満期日まで保有で
0.25%
ほぼ無し
(板のまま)

まずDMMビットコインですが、取引手数料が無料でも、スプレッドが異常に大きく、FXするには現状では厳しい状態です。

通常時でも以下のように10円以上開いています。

買いと売りで手数料を10%以上とられているようなものだから、非常に辛いね。。。

カレン

またこれは相場が激しく動くときにはもっと広がります。

一方でQUOINEXとBitmexは買板と売板の通りなので、ほぼスプレッドはありません。

【XRPのFX】 取引手数料 ポジション料 スプレッド
QUOINEX 0.25% 0.05%/日 ほぼ無し
(板のまま)
BitMEX メイカー:-0.05%
テイカー:0.25%
満期日まで保有で
0.25%
ほぼ無し
(板のまま)

QUOINEXが取引手数料0.25%なのに対し、BitMEXではテイカーで0.25%、メイカーで-0.05%になっています。

メイカーとは:板に並べる注文。すぐに約定しない金額で注文する事。

テイカーとは:板に並んだ注文にぶつける注文。すぐに約定する金額で注文すること。成行もこれに入る。

 

-0.05%ということは、買板に並べる指値注文(メイカー)だと0.05%の手数料をもらえるということになります。これはおいしいですね。

成行などでテイカーになったとしてもQUOINEXの0.25%と同じになります。

またQUOINEXは1日保有しておくと0.05%の手数料がかかりますが、BitMEXでは1日単位では手数料がかかりません。

Bitmexのリップル(XRP)は先物扱いなので、約30日後まで保有しておくと自動で決済されます。そこまで保有しておいた場合に0.25%の手数料がかかります。

30日保有した場合には、QUOINEXでは0.25%×30=7.5%の手数料がかかるので、これもBitmexが有利ですね。

ソムリエ

まあリップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)でそこまで保有する人は少ないと思うけどね。

リップル(XRP)のFXの流動性と追証について

次に流動性と追証についてみていきましょう。

【XRPのFX】 流動性 追証
DMMビットコイン 十分 ゼロではない
QUOINEX 少ない なし
BitMEX 十分 なし

QUOINEXでのリップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)は現状ではあまり流動性が高くありません。

上の赤い方が売板ですが、売板にあまり注文が出ていないですよね。買おうと思ってもなかなか買えない状況です↓

一方でBitMEXでは売買に困らないくらいの流動性があります。価格はBTCベースになっているので、細かくなっていますが、QUOINEXと比較して流動性があるのが分かると思います↓

また表で示したように、QUOINEXとBitMEXには追証がありません。(DMM Bitcoinでは追証の可能性が少なくなるようにしていますが、追証の可能性はゼロではありません。)

追証とは:レバレッジをかけているので、口座に入れている証拠金以上に損をする可能性があります。その場合に損をした分を追加で期日までに口座に振り込まなければいけない制度のこと。

 

これは仮想通貨FXをやる場合に非常に重要な点ですね。

結局のところおススメはBitMEXでその実力はヤバイ

ソムリエ

これまで見た通り、BitMEXが良いと感じたと思うけど、実際やってみてその通りだと思うよ。

おそらく参加者がかなり多いと思われます。それでいてサーバーが安定しています。注文が通らないということがほとんどありません。

BitMEXではBTCのFX(レバレッジ取引)も取り扱っていますが、BTCFXの流動性なんてめちゃくちゃ凄いです。

それに比べればリップルFXの流動性は少ないですが、それでも他の取引所と比べると圧倒的です。

またBITMEXではリップル以外にも以下のアルトコインでFXができます。

BTC
ETH
LTC
BCH
カルダノADA
DASH
ETC
NEO
XMRモネロ
XRP
XLMステラ
ZECジーキャッシュ

登録するのは無料で、すぐにできるのでとりあえず登録して触ってみるといいですよ。

その良さがすぐに分かると思います。

今の所リップル(XRP)のFXをするならBitMEXの一択じゃないかな。

⇒BitMEXの登録方法はこちら

⇒BitMEXの使い方はこちら

ココから登録すると半年間手数料が10%OFFになります↓

⇒BitMEXのホームページはこちら

追証なしなので、口座に入れた金額上は損をしませんが、減る事があるのは十分理解して投資を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です