【3分で分かる】Huobi(フオビ)の登録・口座開設と二段階認証の設定方法

Huobi(フオビ)はシンガポールや香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。最近勢力を伸ばしていますね。

ソムリエ

HuobiのトークンHTはバイナンスのBNBのようなもので、取引所の成長と共に価格が上昇すると期待されてるね。

ここではHuobiの登録方法と二段階認証の設定方法を初心者でも分かるように解説します。

注意
Huobiは日本向けのサービスを停止するので登録しないようにしてください。

Huobi(フオビ)の登録・口座開設方法

まずHuobiのホームページに移動します。

画面右上の部分で言語を変えることができるので、日本語を選択しましょう↓

画面右上あたりに「無料口座作成」があるのでそれをクリックします↓

他の取引所と少し登録方法が違います。①にメールアドレスを入力し、②の「送信」をクリックします↓

ロボットではないことの認証だと思いますが、以下のような画面になります。左にあるバーを右にスライドさせます↓。終わったら「確認」をクリックします↓

先ほど記入したメアドにメールが届くので確認しましょう。以下のようにコードが記されているので、それをコピーします↓

それを以下の①に貼り付けます。②と③にパスワードを記入します。英数字、大文字小文字、記号を全て使い複雑な40文字程度のパスワードを作成しましょう。

④にチェックを入れ、⑤をクリックします↑

ログイン画面になりますので、以下のように必要事項を入力し③をクリックします。①はアカウントと書かれていますが、「メールアドレス」を入力すればOKです↓

ログインできたら口座開設が完了です。

Huobi(フオビ)の二段階認証の設定方法

ログイン後、画面右上にある①の部分をクリックし、②の「セキュリティ」をクリックします↓

少し小さいですが、以下の「設定」の部分をクリックします。

Google Authenticatorはすでにスマホにダウンロードしていると思いますが、まだの人はインストールしておきましょう。

App StoreやGoogle Playで「Google Authenticator」と検索したら出てきます。

スマホでアプリを立ち上げて、QRコードスキャン画面にしておきます。

パソコンの画面を見ましょう。①の部分は大事なコードなので、コピーしてどこかに保管しておいてください。②の部分をスマホでスキャンします。

スマホに表示された6桁の数字を上の③に入力し、④をクリックします↑

ここでセキュリティ認証が入ります。この辺は他の取引所よりもセキュリティが高い感じがしますね。

登録時と同様に①の「送信」をクリックし、メールにかかれたコードを②に貼り付けます。最後に「確認」をクリックします↓

GooGle Authenticatorの部分が「設定済み」になっていればOKです↓

本人確認で1日の出金量の上限を増やしておこう

ここまでの設定でHuobi(フオビ)を利用することは可能なのですが、1日の出金量の上限が0.1BTCまでになります。

少額しかトレードしない人はこれでもいいと思いますが、何かの時に一気に引き出したいとなっても、このままでは1日0.1BTCまでしか引き出せません。

ソムリエ

本人確認をしておけば1日200BTCまでの出金が可能になるよ。

画面右上の①の部分をクリックし、②の「本人確認」をクリックします↓

今はパスポートでしか本人確認ができないようになっています。①にパスポート番号を入力し、②に「名」、③に「姓」を入力します。

④をクリックしてパスポートの写真をアプロードします。顔と名前などが分かるように写真を撮る必要があります。

以下のように例の画像があります↓

アップロードし終わったら、審査にはいります。審査が完了したら、1日200BTCまでの出金が可能になります。

まとめ

Huobiトークンは1分程度で完売したように、非常に期待されている取引所です。

今後も規模を大きくしていくと思いますので、第二のバイナンスになるかもしれませんね。

注意
Huobiは日本向けのサービスを停止するので登録しないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です