【超まとめ】HitBTCへの送金・入金方法と使い方・買い方を分かりやすく解説

HitBTCはノアコインの上場で盛り上がっていますね。まあそうじゃないにしても、大きな取引所なので利用者は多いです。

でも送金・入金方法や買い方・使い方に不安があるよね。

ここでは初心者でもミスったりしないように、注意点も交えながら徹底的に詳しく解説してみます。

ソムリエ

他の取引所とは違う点もあるので要チェックだよ。
注意
日本在住の日本人の方はHitBTCは利用しないでください。HitBTCは日本向けのサービスは停止中です。

HitBTCへの送金・入金方法!

HiTBTCの基軸通貨はBTC、ETH、USDT(USドルとほぼ同じ価値の通貨)の3つです。

なのでBTCとかETHを送金すればいいんですが、なんせこの2つは手数料が高い!んで、送金時間も遅い!

だから手数料が安くて、送金の速いリップル(XRP)を送金することにしました。(LTCもあるので、LTCでもいいと思います。)

今回はコインチェックから送金してみます。

HitBTCで送金用のアドレスを入手する

HitBTCにログインして右上あたりにある「Deposit」をクリックします。

HitBTCに送りたい通貨のラインにある「Deposit」マークをクリックします↓今回はXRPを送金します。

リップル(XRP)の場合は特殊で、アドレス以外にタグも必要です。①にあるタグをコピーしておきます。次に②をクリックすると③にアドレスが表示されますので、それもコピーしておきます。

LTCのように普通のコインの場合には以下のようにアドレスしか表示されません↓

BTCのアドレスにXRPを送金したりはできないので、間違えないように送金したい通貨に対応したアドレスを入手しておきましょう。

コインチェックで送金手続きをする

ここではコインチェックからの送金方法を紹介しますが、bitFlyerやZaifでも同じです。

コインチェックにログインして、①「ウォレット」⇒②「コインを送る」⇒③「Rippleを送る」⇒④「送金先リストの編集」の順にクリックします↓

①には自分で分かるような適当な名前、②にはHitBTCで入手したXRP用のアドレスを入力します。ここはタグではないので気を付けてください。最後に③をクリックします↓

①では先ほど入力したアドレスを選択します。②にチェックを入れ、③に忘れないようにタグを入力します。

ソムリエ

タグを入力し忘れたら、XRPが消えてなくなる可能性があるのでここは本当に要注意だよ!
え、怖いね。しっかり確認してやらなきゃ。

カレン

④には送金したいXRPの量を記入し、⑤をクリックします。その後、確認や二段階認証がありますが、通過したら送金されます。

初めは上の画像と同じく20XRP位で送金することをお勧めします。ちゃんと送金できたことを確認してから、大金を送金しましょう。(最低送金量は20XRPです)

HitBTCで入金されたかチェック・送金時間も

ログイン⇒右上の「Deposit」で以下の画面になります。しっかりXRPが20になっていますね。これで入金が完了しています。

XRPは爆速で届きます。

ソムリエ

今回の場合、1分もかかっていなかったよ。

LTCの場合10-60分位、BTCは数日かかることもあります。ETHは2時間から半日くらいでしょうか。時と場合によりますけど。

要注意!Tradingアカウントに移動しないと使えない

これが他の仮想通貨取引所と違うところで、迷いやすい部分です。

マジこれ必要??と思いますが、そういう仕様なので受け入れるしかありません。

HitBTCに送金された通貨はMain アカウントに入ります。これをTrading アカウントに移さないとトレードできないんです。

上の画像の赤枠をクリックします。

すると以下のような画面が出てきます。ここで赤枠のボタンをクリックします↓

これでTradingアカウントの方にXRPが移動しました↓

HitBTCの買い方・使い方を分かりやすく解説!

今回送金したのはXRPです。僕が最終的に購入したいのは、NAGAcoin(NGC)です。

XRPでNGCは購入できないので、「XRP⇒ETH⇒NGC」というトレードを行って、NGCを購入してみたいと思います。

HitBTCでの売り方(XRP⇒ETH)

 

ログインして、左上にある「Exchange」をクリックします。右側にある緑枠で操作をするので、拡大してみます。

拡大した画像が以下です。①でXRPを交換する通貨を選びます。②では自分が持っているXRPを検索します。③に出てきた通貨をクリックします↓

以下の画面がHitBTCの取引画面です。他の取引所とだいたい似ていますよね。売板と買板が普通と左右逆なのでそこは気を付けてください。あと、PCの画面を広げすぎると崩れて見にくくなります。崩れている人は少し狭くしてみてください。

上の赤線の部分が、買いたい人の最高値と売りたい人の最安値を表しています。上の赤枠から自分が持っているXRPの量と手数料を確認しておきましょう。

今回はXRPを売ってETHを購入するので、「Sell XRP」の方に記入していきます。

①でMarket(成行:現在売れる価格で売る)かLimit(指値:自分の好きな価格で売る。売れるかどうかは分からない。)を選択します↓今回はLimitで売ってみます。

②では注文の期限を選択します。

・good till cancelled:自分でキャンセルするまで注文続行
・immidiate or cancel:IOC注文(分からない場合は無視してください)
・Day:今日中に売れなければキャンセル

ソムリエ

普通は「good till cancelled」でいいんじゃないかな?

③と④に売るXRPの量と売る価格を記入して、「Sell Limit」をクリックします。

画面右上の「Deposit」をクリックすると以下の画面に移動します。売れていれば以下のようにXRPが減って、ETHが増えているはずです。

HitBTCでの買い方を解説!(ETH⇒NGC)

先ほどはXRPを売ったのですが、今回はETHでNGCを購入してみます。

ETHを売るのとETHで買うのって意味同じじゃないの?ETHを売ってNGCを購入するんだから、今回もETHを売るじゃダメなの?と思われるかもしれません。

ぶっちゃけ意味は同じなんですが、ETHはHitBTCでは基軸通貨なので、このような売ると買うの違いが生まれます。

ソムリエ

どうでも良さそうですが、買う場合と売る場合で少し操作が異なるのでそのあたりも含めて解説するね。

まあここは理解していなくても何とかなるので、先に進みましょう。

XRPの時と同様にNGCを検索してトレード画面に移動します。

先ほどお伝えしたように、今回は「Buy NGC」の方になります。上に「Buy NGC」と「Sell NGC」を書いてくれているので、分かりやすいですね。NGCを持っていないので「Sell NGC」の方ではない事が分かると思います。

①で持っているETHの量を把握しておきます。買板と売板を見て、②と③の価格と量を入力します。

全部ETHを使い切りたい場合は、④の2つを足した金額が①を超えないように、②と③の値を調整します。売るときには必要なかった調整が、買う時には必要になるわけですね。

④「トータル料金+手数料」が①を超えていると、Buy Limitを押しても以下のようになって注文できません。

注文できた場合は以下のようになります。

あとは売れるまで待つだけですね。

HitBTCから他の取引所に出金する方法

今回はBTCで出金する方法を解説します。

右上の「Deposit」をクリックすると以下の画面になります。BTCのラインにある「Withdraw」マークをクリックします。

以下のような画面が開くので、①送金するBTCの量と②送金先のBTCのアドレス、③二段階認証の6桁の数字を入力して④をクリックします。

②に関してはコインチェックやZaifなど送金先から入手してください。

まとめ

今回はHitBTCにXRPを送金して、XRP⇒ETH⇒NGCの流れでNGCを購入する方法を解説しました。

この流れでほぼ全て解説できていると思います。

必要な所を理解して、間違えないように取引してみてください。

注意
日本在住の日本人の方はHitBTCは利用しないでください。HitBTCは日本向けのサービスは停止中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です