【3分で分かる!】gate.ioの登録・口座開設と二段階認証の設定方法

gate.ioは古くからある中国の取引所で、草コインも豊富です。

情報の少ない取引所ですが、二段階認証に対応していたり、ログインパスワード以外に取引パスワードがあったりと、一定のセキュリティレベルは担保していると思われます。

ソムリエ

今回はgate.ioの登録方法と二段階認証の設定方法について詳しく紹介するね。

gate.ioの登録・口座開設方法

まずはgate.ioのホームページに移動します。

画面右上あたりにある、「Signup」をクリックします↓

以下のように右と左に分かれていて、ログイン画面も出てきますが、登録は左の方です↓

拡大してみます。以下の通りに必要事項を入力します。

  • ①ユーザー名は大文字・小文字と数字を混ぜて複雑なものにします。ログイン時に使えます。
  • ②パスワードは大文字・小文字と数字以外に記号も混ぜて30-40文字程度にしましょう。これはログインパスワードになります。
  • ⑤取引パスワードは取引や送金、二段階認証の設定などで必要になります。これも複雑なものを設定しましょう。ログインパスワードとは違うものを設定しましょう。

以下のようなポップアップが表示されます。メールを確認しろと書いてあるので、メールボックスを確認しましょう。

gate.ioから届いたメールにURLが記載されていますので、それをクリックします↓

以下のポップアップが表示されたら登録が完了です。以下の黄色い文字をクリックするとログイン画面に移動できます↓

ログイン画面では以下の通りに必要な情報を入力します。④はセキュリティ上チェックを入れておいた方がいいでしょう。違うIPからのログインを制限できます。

最後に⑤をクリックすればログインできます。

gate.ioの二段階認証の設定方法

二段階認証は仮想通貨取引所を利用するうえでほぼ必須といっていいほど重要なセキュリティ対策です。

登録したら必ず設定しておきましょう。

ログインした後、左上付近にある①「Settings」をクリックします。その後②の「Click here」をクリックします↓

「Google Authenticator」というアプリをスマホにインストールしている人がほとんどだと思いますが、まだインストールしていない人はここでしておきましょう。

App StoreやGoogle Playで「Google Authenticator」と検索すれば出てきますので、インストールしてアプリを開きます。

QRコードをスキャンする画面にしておきます。その状態でパソコン画面に戻りましょう。

以下の①のキーは非常に大切なものなので、コピーしてどこかに保管しておいてください。②のQRコードをスマホアプリでスキャンします↓

すると6桁の数字がスマホに表示されるので、それを↑の③に記入します。④には登録時に設定した取引パスワードを入力します。最後に「Enable Two-factor Authentication」をクリックします。

以下のようにもう一度「Settings」をクリックすると、「Success!・・・」という文字が書かれていると思います。

これで二段階認証の設定が完了になります。

まとめ

gate.ioには他で取り扱われていないような草コインもあります。その他リップル(XRP)などもあります。

いざという時のために登録して口座を持っておくのも手ですね。

⇒gate.ioのホームページはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です