【激ヤバ?】EcoToken(ECOTコイン)とはどんな仮想通貨?将来性や特徴など

2018年1月25日にCoinexchangeに上場して、話題になっているEcoToken(ECOTコイン)とはどんな仮想通貨なのでしょうか?

投資する価値があるのか?特徴や将来性などを紹介します。

⇒Coinexchangeの登録方法はこちら

EcoToken(ECOTコイン)の基本情報

コイン名 EcoToken(ECOT)
公式サイト http://ecotokens.co/
ツイッター https://twitter.com/ecotokens
現在の枚数 3,000,000,000枚(30億枚)
上限の発行枚数 不明
購入できる取引所 https://coinexchange.io/

EcoToken(ECOTコイン)とは?将来性は激ヤバ?

EcoToken(ECOTコイン)は2018年1月25日にCoinexchangeに上場した後、価格の乱高下を続けました。

そして3日後にロードマップが発表されることになっており、期待が高まっていました。

公式サイトにも以下のようにカウントダウンが掲載されていました。(現在は3日経ったので0hours 0minutes 0secondsになっています。)

公式サイトに草が生えているのが笑えます^^

こんな感じで、期待感を演出していましたが、3日後の2018年1月29日に公式サイトに掲載されたロードマップがコレです。

http://ecotokens.co/roadmap.pdf

見てもらえば分かりますが、イーサリアムベースのトークンであること以外ほぼ情報はありません。

ソムリエ

今後どうなっていくのか?など具体的なことが何一つ書かれていないんだ。

ですので、EcoToken(ECOTコイン)がどんなコインなのか全く不明です。知る術がありません。

これが発表されてからの失望売りで、一気に値を下げています。2018年1月29日時点で1satoshiになっています。ETHベースでも0.00000010ETH程度です。

 

出来高が初日で150BTCは超えているので、運営側が初日で売り抜けていてもおかしくないですね。そのための引き延ばし策としてのカウントダウンだったりして。。。

30億コインしか出回っていないのに、売板に19億枚も出ています汗。1satoshiと2satoshiのせめぎあいですね。

正直はっきりは分かりませんが、カウントダウンの後にあのロードマップを出すあたり、危険な臭いがします。

何か次の誠実な内容が出ない限り、長期投資でこのコインに投資することは僕はないかな。

EcoToken(ECOTコイン)は投資・投機対象としてはどう?

今の現状だと1satoshi(0.00000001BTC)で買って、2satoshiで売れば、2倍になります。同じことを考えている人が大量にいるので、1satoshiと2satoshiに10億枚レベルの凄い量の注文が入っています。

実はEcoToken(ECOTコイン)はETHベースでも取引できるのですが、それが現在0.00000010ETHです。(2018年1月29日)

現時点で1BTC=9.5ETH程度なので、0.00000009ETHで買えれば、1satoshiに売りをぶつけても利益が出せますね。

逆に1satoshiで買えれば、0.00000010ETHに売りをぶつけても利益が出せます。

 

ソムリエ

1satoshi以下にはならないので、0.00000009ETHで買えれば熱いかな。

まあこれは1BTC=9.5ETHのバランスが崩れたら、成り立たなくなる可能性があるので、一応危険はあります。

また、EcoToken(ECOTコイン)がいきなり上場廃止という可能性も否定はできないので、しっかり危険性を理解して自己責任でやらないといけないですね。

まとめ

いきなりあのロードマップはきついですね。

現時点では長期投資に向いていません。

失望売りで劇下がりしたので、短期でやるならありかもです。危険性は理解してやってください。

EcoToken(ECOTコイン)を購入できるのはCoinexchangeです。

⇒Coinexchangeの登録方法はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です