Cryptopia(クリプトピア)の入金・送金方法と買い方・使い方を詳しく紹介

Cryptopia(クリプトピア)は日本語に対応していないので、少し分かりにくいですよね。

ソムリエ

送金ミスで通貨をなくしてしまったり、間違った買い方をしないためにも事前に把握してミスを減らそう!

大量の草コインが眠るCryptopia(クリプトピア)の使い方について徹底的に詳しく解説してみます。

⇒Cryptopia(クリプトピア)の登録方法の解説はこちら

⇒Cryptopia(クリプトピア)の登録ページはこちら

Cryptopia(クリプトピア)への入金・送金方法

Cryptopia(クリプトピア)では日本円を入金することができません。

日本の取引所で日本円を仮想通貨に替えて、その仮想通貨をCryptopia(クリプトピア)に送金することになります。

日本の取引所Zaifbitbankなどでまずは仮想通貨を購入しておいてください。

【簡単】Bitbank(ビットバンク)の使い方|入金から買い方・送金方法まで

今回はbitbankで購入したLTC(ライトコイン)をCryptopia(クリプトピア)に送金してみます。

zaifやbitFlyerなどから送金する場合も基本的には同じなので参考にしてみてください。

Cryptopia(クリプトピア)で送金用のアドレスを入手する

Cryptopia(クリプトピア)にログイン後、①の「ビットコインマーク」⇒②「Deposit」の順にクリックします↓

以下の画面で①「▲マーク」⇒②「通貨名で検索」⇒③「LTC」をクリックします。

アドレスが表示されるので、これを間違えないようにコピーしておきます。今回はLTCのアドレスを入手しました。これは他の通貨の送金には使えないので注意してください。

上の画像にも書いていますが、「Done」はまだ押さないでください。

Doneを押す前に送金する側(今回の場合Bitbank)の取引所で送金手続きをします。

Bitbankで送金手続きをする

bitbankでの送金手続きの方法は以下を参考にしてみてください。BitbankからBiboxに送金したときの内容を詳しく書いています。

【超まとめ】Biboxへの入金・送金方法から買い方・使い方まで

詳細は上記を見ていただくとして、ここでは簡単に解説します。

以下の要領で必要事項を入力し、③をクリックします。

bitbankの場合は最後にメールで送られてきたURLをクリックしないと、送金手続きが完了しないので注意してください。

このURLをクリックしたら、Cryptopia(クリプトピア)に戻りましょう。

Cryptopia(クリプトピア)で入金の確認をする

先ほど「Done」を押さずに放置しておいた部分ですが、この段階で「Done」をクリックします↓

いきなりトップページに戻されると思います。以下の要領で①「ビットコインマーク」⇒②「Balances」の順にクリックします↓

LTCで検索すると「LTC」の文字列を含む通貨が表示されます。以下のように「Total」の所に数値が書かれていて、「Available」の所に数値が無い場合はまだ入金が完了していません。

以下のように「Available」にも表示されたら、入金が完了です。トレードに使用できるようになります。

どこから送金したかによって送金時間は変わりますし、何の通貨を送金したかによっても送金時間は変わります。

ソムリエ

bitbankからCryptopia(クリプトピア)にLTCを送金した場合は、だいたい20-30分くらいかかるよ。

サイドバーの「Deposit History」からも詳細を確認できます↓

以下のように「Unconfirmed」から「Confirmed」になったら完了です。右の方に1/6など入金状況が書かれているのでそこでだいたいの状況を確認できます。6/6になったら入金完了です。

Cryptopia(クリプトピア)の買い方・使い方

ここではLTC(ライトコイン)をBTC(ビットコイン)とトレードしてみます。

画面左上辺りの①Exchangeをクリックし、②で通貨を選びます。今回はLTCもBTCも両方あるので、どちらでもいいのですがBTCを選択しました。

③では②で選んだ通貨と逆の通貨を選びます。今回は「LTC」ですね。④で出てきた通貨LTCをクリックします↑

LTCとBTCのトレード画面に移動しました↓。以下のような構成になっています。「買板の最高値」と「売板の最安値」を見ながら現在の価格を確認して注文することになります。

今回はLTCを持っているのでLTCを売る方、「Sell LTC」の方に注文を記入をしていきます↑

①に売るLTCの量、②にLTCを売る価格を記入し、③をクリックります。これで注文されます。

注文をしても、その価格で買ってくれる人がいなければ売買は成立しません。

購入できたかどうかは、画面少し下の部分に移動すると分かります。現在注文中のデータの所に記載がなく、すでに売買されたデータの所に記載されています。

これを見ることで、売買が成立したかどうかが分かります。

まとめ

全て英語ですが、それほど難しい所はなかったと思います。

まずは慣れることが大切ですので、少額から試してみてください。

有望な草コインに巡り合えるといいですね。

⇒Cryptopia(クリプトピア)の登録方法の解説はこちら

⇒Cryptopia(クリプトピア)の登録ページはこちら

 

5 Comments

高橋 與子

丁寧な説明ありがとうございます。BTCを送金したいのですが、アドレスの設定の仕方がわかりません。上記にライトコインのアドレス設定が説明されていて、「ああ、これこれ」と安心したものの、このアドレス設定がどこにあるのかがわかりません。
よろしくお願いいたします。

返信する
仮想通貨のソムリエ

どこかの取引所からクリプトピアにBTCを送金したいということで間違いないでしょうか?

こちらは見ていただいていますか?↓

まず画面右上にあるビットコインマークをクリックして、「Deposit」をクリックします。

そうすると以下のように検索画面がでるので、BTCと検索してください↓

以下の画面で「Next」をクリック。

そうすると以下のようにクリプトピアに送金する用のBTCのアドレスが表示されます。

返信する
宝村 ようこ

セントラリティを買いたくて、イーサリアムを送金したのですが、イーサリアムでセントラリティの購入はできないようですね。そこで、イーサリアムをビットコインに変えようと、ご説明通り①②と入力し③sell ETHをクリックするのですが、反応しません。open orderの欄にも表示されません。何か原因は考えられますか?

返信する
仮想通貨のソムリエ

そういう状態になったことがないので分からないです。。。考えられる点は最低取引量ですが、最低取引量の0.0005BTC以上の注文になっていますよね?

返信する
宝村 ようこ

0.0005BTC以上にはなっております。ご回答ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です