【3分で分かる】CoinExchange(コインエクスチェンジ)の使い方

EX(草コイン)の取引などで利用されるCoinExchange(コインエクスチェンジ)の使い方について分かりやすく解説してみました。

ソムリエ

日本語対応になっていないし、海外なのでちょっと怖いよね。

また「売り方?買い方?」みたいに、どのコインでどっちのコインを買うの?売るの?って混乱する場合もあります。

その辺を含めて、コインエクスチェンジの使い方を詳しくまとめました。

⇒CoinExchengeにまだ登録していない方はこちらで登録方法を解説

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の使い方

まずコインエクスチェンジに入金ができていない方はこちらを参考にしてください。

⇒コインチェックからCoinExchangeにLTCを送金する方法

BTCやETHで送金するよりLTCで送金した方が早いし安いです。ちなみにリップル(XRP)は取り扱われていません。

ソムリエ

今回はLTC(ライトコイン)でDOGEを購入する方法を例にして、解説するよ。

LTCの送金が完了したら、以下の流れで①「MARKETS」⇒②「Select a Market」⇒③「LTC」を選択します。

LTCで売買できる通貨が表示されます。この中から以下のように「DOGE/LTC」を選択します。

LTCを売ってDOGEを購入する場合が左の「BUY」の方になります。逆にDOGEを売ってLTCを購入する場合が右側の「Sell」の方になります。今回はLTCでDOGEを購入するので、左の「BUY」の方ですね。

売板と買板を見て、現在の価格を確認します。①で買いたい通貨、今回であれば「DOGEの量」を入力します。②には持っている通貨を売る価格、今回であれば「LTCを売りたい価格」を入力します。

③には手数料込でいくらLTCが必要なのかが表示されます。あなたが持っているLTCの量で購入できることを確認して、緑ボタンの「Submit Buy Order」をクリックします。

これで指値注文が完了しました。

売れたかどうかは以下で確認できます。「MY ACCOUNT」を押した後、「Orders」か「Trade History」をクリックします。

「Orders」には現在の注文状況が書かれています。何もなければDOGEを購入できたということです。

「Trade History」には過去の完了した売買履歴が書かれています。ここに先ほど注文した内容が書かれていたら、LTC⇒DOGEの変換が完了しています。

両方に書かれている場合は、一部の注文が完了して、一部はまだ購入できていないということになります。

まとめ

円建てではなくてLTCとDOGEの場合、どっちを売って、どっちを買うのか慣れるまで混乱することがあります。

特に両方持っている場合は要注意です。買いたい方を売らないように慎重にやってみてください。

⇒CoinExchengeにまだ登録していない方はこちらで登録方法を解説

⇒コインチェックからCoinExchangeにLTCを送金する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です