【3分で分かる!】BTCBOXの登録・口座開設と二段階認証の設定方法

アビトラをやっている場合、色んな取引所に口座を持っておく方がいいですよね。

ソムリエ

BTCBOXもそんな使い方をしている人が多いのかな。

取引高はまだ少ないですが、その分価格が他の取引所と少し違う場合もありますよね。

ここではBTCBOXの登録・口座開設方法と二段階認証の設定方法について紹介します。

BTCBOXの口座開設方法

まずBTCBOXのホームページに移動します。

メールアドレスやパスワードを入力します。パスワードは30-40文字の長いものを作成しましょう。

その後、画像に書かれた文字を入力するのですが、これがかなり難解です↑。読めない場合は、画像をクリックして、他の画像に変えてください。

何度もミスしました。。。汗。。。ムズスギっす!

入力後「上記の規約を同意して次へ」のボタンをクリックすると、メールボックスにメールが届きます。

以下の様にURLをクリックして下さい。2つありますが、どちらでもOKです↓

Google chromeを使っている場合は以下のようなポップアップが表示されますので「OK」をクリックします。他のブラウザでも同様のものが表示されると思います↓

次にSMSによる認証を行います。①で電話番号を入力します。初めの0も含めて記入します。その後②の「コードを取得」をクリックします↓

先ほどと同様の難しすぎる画像コードの読み取りになります↓。以下の画像で「WKEM」と記入したら間違いでした。正しくは「WKFM」だったようです。EかFか分からんし・・・

上のコードを正しく入力できると、携帯に数字が送付されます。送付されたコードをPCの画面①に入力します。その後②をクリックしてください↓

ここから個人情報の入力になります。本人確認資料として使う免許証などと同じ内容を間違えないように記入します↓

最後まで入力して、次へ移動します。

ここで本人確認資料をアップロードすることになります。免許証やパスポートなど本人確認資料として書かれているものをスマホなどのカメラで撮影してアップロードします。以下の赤枠をクリックすればアップロードできます↓

本人確認資料の種類は上記画面の下の方に書かれているので、スクロールして確認してみてください。

これでBTCBOXへの登録が完了しました。後は自宅にハガキが届くので、それまで待っておきましょう。

こんなハガキが届きます。赤枠のところにワンタイムパスワードがあるので、それをWEB上で入力して完了です。

ただコレ、見て変わるようにむき出しの状態で届きます。配達員も見ることができます↑

これを見られただけでハッキングされるわけではないですが、なんか気持ち悪いですよね。できれば配達員には見えないようにワンタイムパスワードを隠してもらえるとありがたいです。

ハガキが届いていない状態でも二段階認証の設定は可能ですので、忘れないうちにやっておきましょう。

BTCBOXの二段階認証の設定方法

右上部にある①「セキュリティ」⇒②「認証設定へ」の順でクリックします↓

「Google Authenticator」をスマホにインストールしていない人はここでインストールしておきましょう。App StoreやGoogle Playで「Google Authenticator」と検索すれば出てきます。

インストールしたらアプリを開いて、QRコードスキャンの画面にしておきます。この状態でPC画面に戻ります。

①のQRコードをスマホでスキャンします。スマホに表示された6桁の数字を②に入力します。③で両方にチェックを入れ、④をクリックします↓

以下のように「2段階認証が有効になっています」と表示されればOKです。

ついでに、メール設定もしておきましょう。ログインや送金したときにメールが届くようにしておけば、万が一ハッキングされた場合でも気づくことができます。

画面右上から①「セキュリティ」⇒②「変更」の順にクリックします↓

以下のように両方にチェックをいれて「確認」をクリックします↓

これで設定が完了しました。

まとめ

現状ではまだ取引量が少ないBTCBOXですが、今の所はアビトラで利用している人が多そうです。

「BTC、ETH、BCH、LTC、JPY」の通貨が取り扱われています。

仮想通貨に慣れてきてから使う取引所かなと思います。

⇒BTCBOXのホームページはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です