【誰でも分かる】BitMEXの手数料について鬼解説|レバレッジかけた場合など

BitMEXでビットコインFXをするときに、注意したいのが手数料です。

ソムリエ

やり方によって変わってくるので、しっかり理解しておこう!

またアルトコインも手数料が違うのでそのあたりも解説します。

BitMEXの手数料|レバレッジかけた場合についても解説

まずはこちらの表を見てください。

ビットコイン(XBT)
レバレッジ 最大100倍
メイカー料金 -0.0250%
テイカー料金 0.0750%
ロングの資金調整 -0.0606%(時期によって変動)
ショートの資金調整 0.0606%(時期によって変動)
資金調達の頻度 8時間ごと

(BitMEXではビットコインの単位がXBTになります)

メイカー料金はマイナスになっているので、手数料を受け取ることができます。逆にテイカーの場合は手数料がかなり高くなります。

メイカー料金とテイカー料金とは?

BitMEXでは注文の仕方によって手数料が変わります。

まだ売買が成立しない金額で注文を出した場合をメイカーと言います。メイカーの手数料は「-0.025%」

逆に今すぐ売買が成立する金額で注文を出すとテイカーになります。テイカーの手数料は「0.075%」

 

例えば以下の場合だと、「7256.5USD」で買い注文を出せば、すぐには成立しないですよね。ずっと成立せずに価格が上昇してしまうかもしれません。このような場合がメイカー料金になります。

一方「7257.0USD」で買い注文を出すと、その値段で売り注文が出されているので、すぐに売買が成立しますよね。

こういう場合がテイカー料金になります。成行の場合もすぐに注文が成立するのでテイカー料金になります。

ソムリエ

成行だと手数料が高いと言っている人もいるけど、成行だけではなく指値でもすぐに売買が成立する場合には手数料が高くなるので注意だよ。

慣れている人にとっては、「すでに存在している板にぶつける注文がテイカー」と言った方が伝わりやすいかもしれません。

売り注文の場合も同様の考え方で、すでに存在している板にぶつける注文がテイカーになります。

テイカーの手数料は高い!レバレッジをかけた場合も紹介

テイカーの手数料は0.075%です。売り買いで2回の取引をすることになりますが、両方テイカーの場合は合わせて0.15%になりますね。

ここで重要なポイントですが、この「%」はレバレッジ1倍の時の手数料です。

ですのでレバレッジ100倍かけた場合は、元本に対しては15%かかることになります。

例えば1BTCを持っていて、100BTCの取引をした場合(売りも買いもテイカー)、100BTCに対して0.15%の手数料なので0.15BTCの手数料がかかります。

元本の1BTCで考えると0.15BTCはでかいですよね。まあ100倍でガンガン取引する人はあまりいないと思いますけど。

メイカーだと手数料をもらえる側なので、急いでいない時はできる限りメイカーで注文する方がいいでしょう。

とはいえ、50倍や100倍のレバレッジだと激しく稼げることもあります。そういう場合は、時間を優先してテイカーで注文するのも手です。

実際の所、元本に対しての手数料は高く見えますが、取引量に対しての手数料は0.075%です。売り時や買い時を逃してしまう損失の方が大きいので、私の場合はテイカー注文の方が多くなっています。

スキャル(超短期売買)でも20ドル分の幅を抜ければ、売り買い両方テイカーでも利益が出るくらいです。

ロングとショートの資金調達とは?

BitMEXはFXですので売りから始めることもできます。

売り注文から始めた場合をショート、買い注文から始めた場合をロングと言います。

 

BitMEXではショートポジションを持っている人に対して8時間ごとに手数料がかかる仕組みになっています。

逆にロングポジションの人は手数料をもらえます。(動きが激しい時には逆になることもあり得ます。)

 変動します ビットコイン(XBT)
ロングの資金調整 -0.0606%(時期によって変動)
ショートの資金調整 0.0606%(時期によって変動)

これは時期によって変わるものなので、実際の「%」を確認しておきましょう。

確認方法は取引画面の左下「契約の詳細」のところに書かれています。

ちょっと小さいので拡大してみます。以下の赤線のところです。まあまあ大きいですよね。以下のようにマイナスになっている場合は、ロングならもらえる、ショートなら支払うことを意味しています。

支払いのタイミングは注文から8時間後ではなく、日本時間の5時、13時、21時ですので注意が必要です。

タイミングによっては、ショートで入ってすぐにこの手数料がかかることもあるので注意です。逆にロングでもらえるこの手数料を目的にうまく立ち回るのもありですね。

アルトコインの手数料は?

ちょっと見えにくいかもしれませんが、メイカーが「-0.05%」でテイカーが「0.25%」となっており、ビットコインよりさらに高くなっています。

アルトコインは20-30倍のレバレッジしかかけれませんが、手数料には注意して取引するようにしましょう。

⇒BitMEXの登録方法はこちら

⇒BitMEXの使い方について徹底解説

以下のリンクから登録すると半年間、取引手数料が10%割引になります。

⇒BitMEXのホームページはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です