BitbankからBinanceなど他取引所に送金するならXRPかETHで決まり!

Bitbank(ビットバンク)は取引手数料無料だし、送金手数料も安いってことでコインチェックなどからかなり流れてきていると思います。

僕もBitbank(ビットバンク)を結構ガッツリ使ってます。

ソムリエ

BitbankからBinanceなどの海外取引所に送金するならXRPかETHがかなり適しているよ。

速い安い!の両方どりですね。今回はそのあたりを紹介します。

送り先の取引所にリップル(XRP)があるならXRP一択!

XRPは送金スピード激速です。トイレに行っている間に送金完了しています。大体1分から5分。

Bitbankからの送金手数料も0.15XRPなので、XRP120円なら手数料18円で送金できちゃいます。

ソムリエ

送り先の取引所にXRPの取り扱いがあるなら、XRPでの送金に勝るものはないかな。

Bitbankなら日本円でXRPを指値で取引できるので、かなり使いやすいです。

ただし、XRPは海外の取引所では取り扱っていない場合がほとんど。

Binanceでは取り扱いがありますが、CoinexchangeYobitなどでは取り扱いがありません。

そういう場合はXRP以外の通貨で送金する必要があるのね。

カレン

送り先の取引所にXRPがない場合ETHで決まり!手数料も比較

BTCは手数料が高くて遅いので論外ですが、Bitbankにはそれ以外にLTCやETH、ビットコインキャッシュなどがあります。

LTCやビットコインキャッシュも送金には適していますが、海外の取扱所で取り扱われていないことが結構多いです。

その点、ETHはほぼどこの取扱所でも取り扱われていますよね。

またBitbankではETHの送金手数料が劇的に安くなっています。

ETH送金手数料
bitFlyer 0.01ETH
coincheck 0.01ETH
Zaif 0.01ETH
bitbank 0.005 ETH

他の取引所の2分の1ですね。1ETHが100000円の時に送金手数料が500円です。

送金時間に関しても問題なしです。bitbankからのETHの送金時間は結構早く、だいたい10~30分位では届いています。

LTCもこのくらいですが、ビットコインキャッシュはもう少し時間がかかります。30-120分程度。

これらのことを考えたら、ETHでの送金が色んな意味で適しているのが分かると思います。

ただ、ETHには唯一欠点があります。

Bitbankでは日本円でETHを購入できない

これはちょっと対応してほしい所ですが、Bitbankでは日本円とETHの取引がないんですね。。。

Σ(・□・;)

BTCとETHの取引はできるので、日本円⇒BTC⇒ETHの順で取引して、日本円からETHに変える必要があります。

ソムリエ

まあひと手間かかるけど、手数料や送金時間のことを考えたらだいぶましかな。

だって、初めて使う送金アドレスの場合、まず少量で送って、そのあと大金を送るでしょ?

そうすると2回も送金手数料を取られるわけです。時間もかかりますよね。

それを考えると0.005ETHで送金できるETHがXRPに次いで2番目の選択肢になります。

まとめ

送金手数料は安くて、送金時間は速い方がいいに決まっていますよね。

時は金なり。特に仮想通貨は送金時間が遅いとチャンスを逃しますからね。

僕も送金するならXRPかETHのどちらかでやっています。

Bitbankはサーバーが軽くて使いやすいですよ。何しろ指値注文ができるのがいいですね。

⇒Bitbankの使い方!入金・買い方・送金方法まで

⇒Bitbankの登録がまだなら登録方法はこちら

⇒BitbankのHPはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です