【超まとめ】Biboxへの入金・送金方法から買い方・使い方まで

Biboxは取引所開始からわずか数ヶ月で取引量を一気に伸ばしている中国の取引所です。

ソムリエ

日本語対応しておらず分かりにくいので、ここで詳しく解説するね。

Biboxの取引所通貨であるBIXを実際に購入する流れで紹介します。BinanceのBNBもそうですが、取引所通貨は取引所の知名度と一緒に上がっていく傾向にありますよね。

⇒Biboxへの登録方法はこちら

⇒Biboxの登録ページはこちら

Biboxへの入金・送金方法

今回はBitbankからLTCで送金してみます。他の取引所や他の通貨でも同じ流れなので、参考にしてみてください。

送金したい通貨がBiboxで取引可能な通貨か確認する

Biboxにログインしたら、以下の①の部分にマウスのカーソルをあて、送金予定の通貨が取引できるか確認しましょう。今回はLTCを送金しようと思っていましたが、「LTC/ETH」のペアがあることが確認できました。

予定していた通貨が無い場合は送金できないので、別の通貨で送金しましょう。

Biboxで送金用のアドレスを入手する

以下のように①「Funds」をクリックし、LTCの右にある「Deposit」をクリックします。他の通貨のラインと間違えないようにしてください。
以下のようにLTC送金用のアドレスが表示されるので、これをコピーしておきます。このアドレスにはLTC以外は送れません。

Bitbank(ビットバンク)で送金手続きをする

Bitbankにログインして、左上の①「人マーク」⇒②「入出金」⇒③「入出金」の順にクリックします。③は送金する通貨の右にある「入出金」をクリックしてください。

以下のように①「引出」⇒②「アドレスを追加」の順にクリックします。

新規追加をクリックします↓

①には自分で分かるように適当な名前を付けます。今回は「Bbox-LTC」にしました。②にはBiboxでコピーしたアドレス、③には二段階認証の6桁の数字を入力します。

以下の「送信」をクリックします。これで送信されるわけではなく、アドレスが登録されるだけなので安心してクリックしてください。

下の画面に移動し、①では先ほど入力したアドレスを選択します。②には送金する通貨の量を入力します。引出可能額まで引き出せるので、全額引き出したい人はそれを入力します。最後に③をクリックします。

その後、確認や二段階認証がありますので、順に進めていきます。

最後にメールボックスに届いている以下のメールのURLをクリックすれば送金指示が完了します。

Biboxで入金の確認をする

Biboxに移動し、右上のFundsをクリックすると以下の画面に移動します。LTCが追加されていますね↓

これでBitbankからBiboxにLTCの送金が完了です。

送金指示から送金完了まで6分かかりました。速いですね。

Biboxの使い方|買い方を詳しく紹介

Biboxではちょっと買い方にクセがあります。そのあたりも含め、分かりやすく解説してみます。

今回はBIXを購入してみます。送金したのはLTCですが、LTCとBIXは直で取引できないので、LTC⇒ETH⇒BIXという順で取引することになります。

Biboxにログイン後、左上にある「Token Trading」をクリックすると以下の画面になります。

①にカーソルを合わせ、取引する通貨ペアをクリックします↓

画面左に以下のような売買の板が表示されています。売板の最安値と買板の最高値を確認しておきましょう。

売買注文は以下の部分から行います。今回は以下の赤線のように、LTCを持っているのでLTCを売ってETHを購入する事になります。「Sell LTC」の方に記入すればいいことが分かりますね。

ここで大問題なのですが、Price(価格)とAmount(量)の部分に数字を入力することができません(;´д`)

なんてこった・・・

Google Chromeを使っているからなのかどうかは不明ですが、とにかく入力ができません。

それをなんとかクリアするためには、以下の買板もしくは売板の部分の数字をダブルクリックするしかありません。ダブルクリックするとPriceの部分に反映されます。入力はできませんが、消すことはできます。

Amount(量)の方はその下にある「25%、50%、75%、100%」をクリックすれば、手持ち資金の%分だけAmountに反映されます。

今回は100%分売りたいので、100%をクリックしました。こちらも同様に入力はできませんが、消すことはできるので消すことで量を調節してください。

またBiboxには成り行き注文や逆指値注文などはなく、通常の指値注文しかありません。

ソムリエ

このあたりの使いやすさに関してはまだまだ発展途上なので、今後に期待したいね。

購入できたかどうかは、右上のFundsを確認すれば分かります。ETHが増えていますね。

これでLTCでETHを購入することができました。同様の方法でBIXを購入していきます。

今回はETHでBIXを購入しますので緑色の方に記入します。「Buy BIX」と書かれているので、緑色の方だと分かりやすいですね。

同じように購入できたかどうかはFundsで確認します。しっかりBIXが購入できていますね。

まとめ

今回は少量のBIXが欲しかったので、手数料の安いLTCで送金しました。その代わり売買を2回しないといけないので、面倒ですね。

ある程度大きな量で購入するのであれば、ETHで送金する方が楽だと思います。

Biboxに眠る草コインをひそかに仕込んでおきましょう。

⇒Biboxへの登録方法はこちら

⇒Biboxの登録ページはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です